実行委員会に興味はあるけれど、どれくらい忙しいのかな?サークルやバイトとの両立は出来るのかな?など不安に思う方もいらっしゃると思います。そこで実行委員会の大学生活についてリアルな声をご紹介します!先輩から新入生の皆さんへのメッセージもありますので、入会を検討する時の参考にしてみて下さい!

◆実行委員をやってみてよかったこと

・大人との連絡をすることから、社会で必要な知識が得られる。社会を知った。
・大学の学祭を1から作る段階から関われるので、段々形になっていくのが楽しい!
・本祭中お客さんが楽しんでくれているのを直に感じられてよかった。
・友達が増え、自分の作ったものが人を笑顔にするという経験ができた。
・皆で泣いたり笑ったり様々な経験ができた。

◆実行委員をやってみて大変だったこと

・夜や休日も集まりがあるので予定を合わせるのが大変。
・外部との関わりがあるので責任感が大事。
・一から作り上げていくので、本祭当日を考えながら計画するのが大変だった。
・本祭期間中の睡眠時間が短い。
・自分の時間が直前期になるとなくなる。
・本祭直前は思ったより仕事が多く頭がいっぱいいっぱいになりました。

◆実行委員会に入るか検討している新入生へ一言

・高校までと違って自分たちで考えて学園祭を作る範囲が増えるのでその分緊張したり苦労したりすることもあるけど、絶対1人ぼっちではなく周りと協力してやるので、友達も増えるし学祭が終わったときの達成感は大きいと思います。
・皆で一つのものを成し遂げるのが好きな人はもってこいの委員会です
・大学で遊びたいけどまじめなこともしたいという人におススメです
・忙しいけどやりがいがあって自分の行動や視野が広がる良い経験になります。ぜひブースに来て下さい!
・普通とは違うことが出来ます。大学生という今しかできないことにぜひ一緒に挑戦してみましょう!

いかがでしたか?少しは実行委員の学生生活がどんな感じか知ることができたでしょうか?
実行委員の多くの人がバイトや兼部・兼サーをしています!白雉祭の直前である10月は忙しいものの、その時期以外は何ら問題なく他のこととの両立ができるので安心してください。
そして実行委員会に入れば他ではできない貴重な経験ができると多くの上級生が言っています!ぜひ大学生でしかできない学園祭の運営に携わってみましょう!