白雉祭まであと2日!!

段々と寒さも強まり、揺らぐ季節の風情に冬の香りも混じって参りました。

大学構内の木々の葉も、徐々に褪せた色へと変わりつつあり、紅葉の美しい時節ももう目の前まで迫っております。

皆様、いかがお過ごしでしょうか。

本日のブログを担当させていただきます、第65回白雉祭実行委員会運営部長の笹本と、運営副部長の伊藤でございます。

さて、前日のブログでは企画部の紹介が企画副部長の手により行われていました。
本日は、企画部と対をなす運営部について紹介させていただきたく、こうして皆様にブログをお届けする次第です。

7つの局で構成される運営部は、一つ一つの局が独立した仕事をこなしております。
それぞれの局がブログを担当する回も設けられていました故、ご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
運営部は元来、あまり注目を受けることのない、言わば白雉祭の影の部分です。しかしながらその活躍には目をみはるものがあります。
彼ら彼女らの働きがなければ、この白雉祭は成り立たないと言っても過言ではありません。
白雉祭の全体像の中には、多くの運営局の努力が吹き込まれています。皆様もお越しの際は、是非探してみてください。

 

運営局の1つである編集局作成、パンフレット。静かに配布の時を待つ……。

同じく運営局の1つ、備品局の仕事風景。鉄パイプとつなぎのコントラストが胸を打つ。

いよいよ目前に迫った白雉祭。多くの努力と悔しさの上に築き上げられた当日は、必ずや皆様の心に最高の思い出を「gift」することでしょう。
その確信を胸に秘め、一同準備期間の残された時間に全力を注いでおります。
皆様のご来場を、心よりお待ちしております。